蕁麻疹

プラセンタとは

最近、「プラセンタ」という言葉をよく聞きます。
美容や健康に気を付けている人ならば、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?では、プラセンタとはどのような成分なのでしょうか?プラセンタとは、英語で「胎盤」と言う意味です。
胎盤とは、母親と胎児を繋ぐ大切な役割を持った器官です。
卵子が精子と受精し、受精卵となります。

その受精卵が着床した場所に胎盤は出来ます。
胎盤は、母親から栄養や酸素を胎児に送り、胎児から排泄物を受け取り母親に送ります。
母親から栄養を受け取るときは、母親の血液が混じらないように処理をしてから胎児に渡します。
胎児と母親の血液型が違っていても大丈夫なのはこのためです。
胎盤は、まだ臓器が未発達な胎児の代わりにその働きを担ってくれるのです。

また、小さな受精卵をたった10ヶ月で大きく成長させるため、多くの栄養素で構成されています。
タンパク質・アミノ酸・糖質・脂質の他、核酸・酵素・ビタミン・ミネラルが胎盤を作っているのです。
昔、日本の地方では、出産の後に栄養補給として胎盤を食べていたところもあるようです。
また、動物も出産後に自分の胎盤を食べるそうです。
このように栄養が豊富なため、サプリメントなどに利用されているのです。
プラセンタには種類があり、サプリメントや化粧品、ドリンクなどには豚・馬・羊の動物性プラセンタ、海洋性プラセンタ、注射にはヒトから抽出したものが使用されています。
プラセンタには、色々な効能があります。

まず、細胞分裂を促し、新陳代謝をよくするため、美肌効果が期待できます。
また、自律神経を調節してくれるので、更年期障害や月経前症候群の症状を緩和してくれます。
さらに、肝機能を強化してくれるため、肝臓疾患の治療にも使われ、肝硬変や肝炎などに効果を表します。
また、抗炎症作用や、鎮痛作用があり、関節リウマチの治療に役立てている病院もあります。
このように、プラセンタの作用は多岐にわたり、どのような症状にも対応してくれる万能薬ともいえるでしょう。