蕁麻疹

プラセンタ注射は1アンプルからでも効果はある?

美容や健康のためにプラセンタを摂取する人は多いようです。
プラセンタは、高い栄養価をもち、数多くの効能が期待できるため、エステや病院でも活躍しているものです。
プラセンタは、化粧品、ドリンク、サプリメントで見かけることが多いですが、エステや病院などでは、注射として利用されています。
プラセンタとは、英語で「胎盤」と言う意味です。
受精卵が着床した部分にできる器官で、胎児と母親を繋ぐ大切な働きをします。
母親からの栄養素・酸素の受け取り、胎児から二酸化炭素やいらなくなった物質を受け取る役割をしています。
胎児の臓器は未発達で、大人と同様の働きをすることは出来ません。
胎盤は、胎児の臓器の代わりの役割を担っているのです。

また、胎児を成長させるために多くの栄養素が備わっています。
そのため、サプリメントや注射などに利用されているのです。
サプリメントや化粧品に使われるプラセンタは、馬・羊・豚の動物性のものです。
プラセンタ注射は、ヒトから抽出したものから出来ています。
管理を徹底し、日本人女性からのみ抽出を行っています。
注射には2種類、肝臓疾患のために使われる「ラエンネック」と更年期障害のために使われる「メルスモン」があります。

特に使われているのは、「メルスモン」で、精神安定に効果があるほか、美肌効果があります。
プラセンタ注射の使用回数は、週に1回につき2~3アンプル程度の注射が効果的です。
アンプルとは、1回分の容器に入った量のことで、1アンプル、2mlです。
美容目的には、この回数がよいとされています。
プラセンタ注射は即効性もあり、1アンプルからでも効果は感じられるでしょう。
しかし、続けないと、効果は消えて行きますので、定期的に注射することをお勧めします。
また、美容目的の場合、保険は効きませんが、1アンプル1500円から2100円ほどになります。
そんなに高くはありませんが、続けるとなるとそれなりの値段はかかるでしょう。

しかし、美容に効果があるほか、疲労回復、生理による体調不良、関節痛の緩和など、値段に見合った効果が得られます。
いいことづくめのプラセンタ注射にも副作用が起こる場合がありますので、身体に合わない場合には、すぐに使用を中止し、医師の診断を受けましょう。
プラセンタ注射は、気軽に打つことが出来るので、これを活用し、元気で美しい身体を手に入れましょう!