蕁麻疹

お酒を飲むときはプラセンタを先に飲もう

歓迎会、忘年会、新年会、お酒を飲む機会は沢山ありますよね。
あまりにも楽しくて、ついつい沢山のお酒飲んでしまい、次の日は大変なことになったり。
痛い目を見て一度は気を引き締めますが、その時になるとつい忘れてしまうことはありませんか?巷には、酒飲みさんへの沢山のサプリメントや薬が置いてあります。
お世話になっている人も多いのではないでしょうか?実はその中でも「プラセンタ」がお酒を飲む人を助けてくれることを知っていますか?え?プラセンタって、美容に効果がある成分でしょ?そう思ってしまいますよね。

実は、お酒を飲む前にぜひ取ってもらいたい成分なんです!プラセンタとは、「胎盤」を意味する英語です。
この胎盤から抽出したものをプラセンタと呼びます。
胎盤は、母親と胎児を繋ぐ大切な器官です。
未発達な胎児の臓器の代わりをし、母親から酸素や栄養を胎児に送り、胎児からはいらなくなった物質や二酸化炭素を受け取り母親に送ります。
胎児にとって胎盤とは、生きていくために欠かせないものなのです。

また、あの小さな受精卵から、たった10ヶ月であそこまで胎児を成長させるのも、胎盤が豊富な栄養素を持っているからで、そのパワーは絶大です。
そのため、サプリメントや化粧品、注射にと幅広く利用されているのです。
プラセンタには、アンチエイジングや美肌効果、自律神経の調整、抗炎症作用、鎮痛作用の他、肝機能を向上させる効果があります。
お酒に含まれるアルコールを分解するのは肝臓の役目です。

肝臓は、代謝や解毒をつかさどる臓器ですが、肝機能が弱っていたり、あまりにも多量のアルコールを摂取した場合、アルコールの分解が追い付かず、次の日にお酒が残るという状態になるのです。
プラセンタは、その肝臓の働きを助けます。
肝硬変や肝炎の治療にも使われているのです。
お酒を飲む前にプラセンタを摂取することによって、二日酔いを防ぐことが出来るのです。
飲み会の前には、プラセンタを摂取し楽しくお酒を頂きましょう!